両親へペアの食器をプレゼント大切なご両親の米寿祝いには、いつもの誕生日とは違った特別なプレゼントを贈りませんか。

この記事では、変化する長寿祝いの在り方に触れながら、両親へのプレゼントの選び方や人気のプレゼントについてご紹介します。

■変化する長寿祝いの在り方

長寿祝いの変化

年配の人が自分の身近にいると言う人の中には、その人たちの長寿祝いを何度か経験している人が大勢いるでしょう。日本は現在高齢化が進行を続けており、国民全体の中でのお年寄りの割合が大きくなっているので、多くの人にとって長寿祝いをする機会が増えているはずです。

ただ昔とは違って精神的に、また肉体的に若々しいお年寄りがとても多くなっているため、長寿祝いのあり方や、その際に選ばれるプレゼントも大きく変化していると言えます。

例えば還暦祝いは、満60才という昔であればお年寄りと言われる年齢の人が長生きしていることを喜ぶものであったのが、今ではお年寄りと呼んでしまうと失礼に当たるような人が多いため、人生の一つの区切りの年を祝う昔からの伝統というくらいの気持ちで祝うものとなっていると言えるでしょう。

ただ長寿祝いは長生きすればするほど、多くの回数行う機会があるものです。逆に言うと、回数が多くなればなるほどその人の年齢が上がり、本来の長寿祝いの色が濃くなって行くはずです。

そのためプレゼント選びに関しても、そういった要素を考慮して行うことが大事になって来ます。特に数え年、もしくは満年齢で88才を迎えたことを祝して行う米寿祝いともなると、平均寿命とされる年齢を超えるくらい長く生きられたことを記念するものなので、特に慎重に選びたいと考える人は少なくないはずです。

■両親へのプレゼントの選び方

両親の88歳のお祝いに贈るプレゼントの選び方

またお祝い事の際に何を贈るかに関しては、贈る人間と贈られる人間との関係の遠近も、考慮すべき重要な要素となります。例えばめったに会うことがない遠い親せきや、その人が仕事を辞めてからほとんど顔を合わさなくなった昔の上司などに贈るのであれば、儀礼的な要素を重視して何を贈るかを考えた方が良いと言えるでしょう。

しかし自分の両親という、最も血縁での関係が近い存在に贈るのであれば、儀礼的な要素よりも相手に対するお祝いの気持ちや、それまでの人生での感謝の気持ちを効果的に伝えられるかどうかが、何よりも大事な選択基準となるはずです。

一緒にいた時間が長いご両親の長寿祝いだからこそ、これまでの感謝をいかに効果的に伝えられるのか考えながら事前の準備やリサーチを怠ってはいけません。ご両親の存在が身近すぎてなかなか感謝の気持ちを伝えられていない方は多いかと思いますので、米寿祝いの機会に感謝の気持ちを伝えられるようプレゼントの内容やお祝いの方法を考えましょう。

■両親の米寿祝いにおすすめの人気のプレゼント

両親の88歳のお祝いで人気のプレゼント

・食器

そういったことを考慮して選ばれる、両親への米寿祝いの人気プレゼントとしてまず挙げられるのは、ご夫婦の名前が入った夫婦茶わんや湯飲みなどの食器類です。

88才ともなれば、いかに精神的にアクティブな人であっても、それほど外に積極的に出て行って何かの趣味を楽しむよりは、家の中でゆっくりとした時間を過ごしている人の方が多くなっているでしょう。そのため家の中で日常的に使用できるものがまず選択肢に上がってくるのですが、それだけではせっかくの米寿祝いとして味気ないと感じる人が少なくないはずです。

そこで特別なお祝いという感じを出すために、贈る相手の名前を入れたものを選ぶ人が多いのです。特に両親がいつまでも元気で仲良く生きて行って欲しいという願いを込めた、ペアの食器に名前を入れるというやり方が流行っています。

・寄せ書き

普段の誕生日祝いであれば役に立つ何かを贈る人でも、米寿祝いというとても大きな意味を持つプレゼントを選ぶ場合には、何よりも気持ちが伝わりやすいと言えるメッセージを書いた色紙などを選ぶ人が少なくありません。

その色紙には自分や兄弟などの息子、娘たちだけがメッセージを書き込むのも良いですし、また孫やひ孫といった、普段はあまり交流することがない場合も多い人たちが加わるのも良いでしょう。

・手紙

プレゼントと一緒に感謝の気持ちやお祝いの言葉を書いた手紙やメッセージを贈る方も多いです。短い言葉でも気持ちが伝わりやすい手紙を読んで感激するご両親も少なくありません。

手紙は手元に残るものであり、受け取った相手が何度も読み返すことができる素敵なプレゼントになります。

・花束

おめでたい場面での定番のプレゼントといえば、花束の贈り物。88歳の年齢になるとお手入れの負担が大きくなるため、生花よりも長い間美しい状態を保つことができるプリザーブドフラワーのプレゼントを選ぶ方が多いです。長い間美しいプリザーブドフラワーのプレゼントは、「ずっと元気に長生きしてね」という気持ちを込めやすく、見ているだけで活力につながります。

・旅行

形のあるものではなく、思い出を贈りたいと考える人も多く、そういった人たちに人気なのが家族そろっての旅行です。88才という年齢から、海外のように遠くまで旅行ができるわけでなくても、親しい間柄の子供や孫たちと一緒にどこかへ遊びに行くという体験は、大変うれしいプレゼントになることが期待できます。

また旅行までは無理だというのであれば、近くのレストランなどに外食に行くという選択肢もあります。

LINEで送る
Pocket