米寿にふさわしいプレゼント

88歳というおめでたい歳を迎えたおじいさま・おばあさまにはぜひ家族みんなでお祝いをしてあげたいもの。食事会を開くのもいいですが、やはりお祝いの席をより思い出深いものにするにはプレゼントが必須です。米寿祝いのプレゼントに何を贈ろうか悩まれている方は、人気のあるおすすめのプレゼントを参考にするとプレゼントを選びやすくなります。

この記事では、米寿祝いのプレゼントの選び方や、米寿祝いにふさわしいおすすめのプレゼントを5つご紹介していきます。

 

■米寿祝いのプレゼントの選び方

88歳のお祝いに贈るプレゼントの選び方

人生に一度の大切な人の米寿祝いにはどういったプレゼントを贈れば喜ばれるのでしょうか。ここでは、米寿祝いのプレゼントの選び方をご紹介します。

米寿のテーマカラーに沿ったものを選ぶ

長寿祝いごとにテーマカラーは決まっています。88歳の米寿祝いでは黄色や金色がテーマカラーになっています。

米寿祝いは収穫を迎える稲穂を連想させる黄色や金色が定番のカラーです。そのため、米寿祝いを贈る際には、黄色や金色のちゃんちゃんこ、座布団などを贈る場合が多いです。

最近では、ちゃんちゃんこ以外にその後の生活でも実用的に使えるものや記念品、黄色のお花などを贈るケースが増えています。相手の好みのものにさりげなく黄色や金色が入ったものを贈ると縁起が良く、米寿のお祝いの品であることを印象付けることができるでしょう。

もちろん、米寿のテーマカラー以外の色のものを贈っても問題はありません。相手の喜ぶ顔をイメージしながら、最適なプレゼントを選びましょう。

ライフスタイルに応じて選ぶ

米寿祝いのプレゼントはライフスタイルに応じて選ぶ

88歳の年齢になると仕事から離れ、自宅でのんびり過ごす方が増えてきます。そのため、自宅にいる時間が長い方には生活に欠かせない身近なアイテムを贈るのがおすすめです。

例えば、お茶が好きな方には湯呑みなどのティーセット、お酒が好きな方にはお酒とセットにしてグラスやぐい吞み、時間を確認するのに欠かせない置時計のプレゼントなど。

また、ご夫婦で米寿を迎えられる場合には夫婦そろって使えるペアグッズもおすすめです。食事の時間が楽しくなるような夫婦茶碗や夫婦箸、ペアグラスなどのプレゼントが人気です。

米寿を機に88歳の人生を振り返ってもらう時間を作るために、思い出の写真や家族の写真をまとめたアルバムを贈るというのも素敵なプレゼントです。

体調に問題がなければ、米寿の方が行ってみたい場所への旅行をプレゼントするのも良いでしょう。そして、アクティブに趣味を楽しんでいる方には趣味に関するプレゼントもおすすめです。

米寿を迎える方のライフスタイルや体調、好みを踏まえて喜んでもらえるプレゼントを見つけましょう。

華やかで明るい気持ちになるものを選ぶ

米寿祝いは長寿のお祝いの一つだからと言って年齢を感じさせるものは贈るのは避けた方が無難です。

例えば杖や老眼鏡、補聴器など米寿の方が使えるようなプレゼントを贈っても、米寿祝いの贈り物としては喜ばれないことがあります。88歳は長寿でおめでたいものではありますが、気持ち的に若々しい方は少なくありません。若々しい気持ちで今後の人生も歩んでいこうと思っている方に年齢を感じさせるようなものを贈ってしまうと、気持ちが落ち込んでしまいかねないので注意しましょう。

また、米寿祝いのプレゼントでは華やかなものや気持ちが明るくなるようなものを贈ると喜ばれます

日頃から地味なものを使っている場合でも、米寿のお祝いで華やかなものを贈られると前向きな気持ちになれるものです。今後の活力につながるような素敵なプレゼントを選んでみてくださいね。

 

■米寿祝いに喜ばれる人気のプレゼント5選

88歳のお祝いに贈るプレゼント

米寿のお祝いではどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。米寿のお祝いにふさわしいプレゼントとしておすすめの物を5つご紹介します。

・一つ目は「名前の入ったメッセージギフト」

名前というのは自分の両親からもらう初めてのプレゼント。そんな特別な名前を使ったこの世に一つしかないメッセージは特別感満載の一品です。額縁に飾ることのできるものならインテリアとしても映えるほか、ふとした時に眺めてお祝いの日を思い出すことのできるものになること間違いなしです。

・二つ目に「名前が入った湯呑み」

名前の入った湯呑み

米寿のお祝いには一般的に金色のものを用意してお祝いするというしきたりがあります。金色のちゃんちゃんこなどを送る方もいらっしゃるようですが、なかなか日常的には使用しない品だと思います。やっぱり日常的に使用できる物のほうが愛着もわきますし、贈った方も使っていてもらえると嬉しいと思えます。

そこでおすすめなのが名前入りの湯呑み。毎日の食事だけでなくちょっとしたときにお茶を飲むという場面は多いはず。夏の暑い時期なら高齢者は室内にいても熱中症予防に水分を補給することが大切です。そんなときに飲む湯呑みを自分の名前が入ったものにすれば、贈ってもらった方のことを考えて、これからもっと長生きしなければと思ってもらえるはずです。

・三つ目は「プリザーブドフラワー」

花はお祝い事に欠かせないものです。お祝いしてもらえる方の好きな種類の花や歳の数の花束などはもらったら喜ばれること間違いなしです。花は空間を華やかにしてくれる1番の贈り物になりますが、歳を重ねていくと生花の手入れは大変なもの。水を毎日変えなければならないし、枯れてしまってはせっかくの思い出が無くなってしまうようで寂しいと感じます。

ですがプリザーブドフラワーなら花を特殊な液の中に浸けて水分を抜くことによって生花のみずみずしさそのままを長い間楽しむことができますし、水を変えるなどのお手入れは必要ありません。もらった時と変わらない美しさを保っていられる品なので、玄関やリビングに飾っておくだけでも良いプレゼントです。

米寿のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

・四つ目に「お酒」

お酒のプレゼント

お酒が好きな方にはぜひ贈ってあげたいものです。飲み過ぎると体に影響があるものですし、気を付けるべき品ではありますが、「酒は百薬の長」といわれるくらい。むしろ嗜む程度なら実は体にとっていいものなんです。お祝い用に黄色のボトルで、ラベルには贈る方からの感謝の言葉が印字されているものが人気です。

肝心な中身のお酒は、本来の米寿祝いの由来に基づきお米からできている純米大吟醸。最近ではお酒とともに記念として生まれた日の新聞も付いてくるというサービスも。88年前の新聞を読んで、懐かしい思い出を振り返ることができるのでとても喜ばれるはずです。世界に一つだけのプレゼントは誰にとっても嬉しいものです。

酒好きな父への米寿祝い

・五つ目が「腕時計」

88年という長い時間を過ごしてきただけあって、おじい様・おばあ様達が時間とはどれだけ大切なものか身を持って経験してきたはずです。これからも健康で長生きするためにもそんな時を身近に感じられる腕時計はおすすめの品と言えるでしょう。おじい様に送るなら太めの本革ベルトで逞しさを演出し、おばあ様なら細めのベルトにすることで女性ならではの華奢な美しさを引き立たせることができます。外へ行くときでも常に持っていられるのでより外出することが楽しくなる品になるはずです。

米寿のお祝いにおすすめするプレゼント5品を説明しましたが、気に入ってもらえると思って選んだ品は必ず喜ばれるはずです。その贈り物とともに最高の米寿のお祝いにしましょう。

米寿祝いのプレゼントに時計を贈ろう

LINEで送る
Pocket