上司への米寿祝い

88歳を迎えた人をお祝いする米寿のために、様々なプレゼントが販売されるようになりました。今までは、限られたものしか販売されていなかったので、いくつかの商品を比較して選ぶことが困難でしたが、現在は渡す相手の好みに合わせて商品を選ぶことが可能になりました。

88歳を迎えた人との関係性によって渡す物を決めなければなりませんが、上司に米寿のお祝いの品物を渡すときは、特に慎重に品物を選ぶ必要があります。品物によっては相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、注意しながら品物を選ぶのが大切です。

この記事では、上司の米寿祝いに贈りたいプレゼント5選をご紹介します。

■上司の米寿祝いに贈るプレゼントの選び方

 上司の88歳のお祝いに贈るプレゼントの選び方

好きなものや趣味を知っている家族とは異なり、上司など職場関係の米寿祝いとなると何を贈ったらよいのか悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

米寿祝いなどの長寿祝いの際には、伝統的なものや色にこだわらずに相手の喜ぶものを贈るのが一般的であるため、贈るものに決まりはありません。

ただ、家族以外の目上の方に対して、「踏みつける」を連想させる靴や靴下、「勤勉さ」を連想させる文房具やビジネス用のバッグなどを贈るのは失礼と考えられています。

また、老眼鏡や杖、補聴器などの「老」を連想させるものや、「死」「苦」といったネガティブなものを連想させる贈り物は、おめでたい米寿祝いにふさわしくありません。

そのため、このようなアイテムは避けた方が無難でしょう。

上司の好みや趣味を知って入ればそれに関するものを贈っても良いですし、分からない場合には実用的なものや日常的に使いやすいものを選ぶと喜ばれます。

ちなみに、上司の米寿祝いに贈るプレゼントの予算としては、5000円~1万円程度となっており、特にお世話になった方の場合には3万円~5万円程度を目安としておきましょう。

■米寿祝いで上司へ適したプレゼント

上司の88歳のお祝いに贈るプレゼント

・一つ目のおすすめの品物は万年筆

上司の米寿祝いに適したプレゼントはいくつかありますが、その中でも特に人気を集めているのが万年筆です。一般的な文房具と比べると、高級な物が多い万年筆はお祝いの場面に適しています。

以前は、同じようなデザインや性能の万年筆が多かったですが最近はデザインや性能が多様化しているので、相手の好みに合わせて選ぶことができます。お祝いに適したラッピングを施すことで、より気持ちのこもったプレゼントになるので、万年筆を渡すときはラッピングにもこだわるようにしましょう。

販売している店舗によっては名前を刻印してくれるサービスを行っている場合があります。名前が刻印された万年筆は世界に一つしかない特別な物なので、米寿のお祝いにふさわしいです。一般的な品物とは違う特別な物にしたい場合は、万年筆に名前を刻印することも検討してみましょう。

・二つ目のおすすめの品物は食べ物や飲み物

誕生日などの一般的な記念日に食べ物や飲み物を渡すことがよくありますが、88歳をお祝いするために食べ物や飲み物を渡すケースも多いです。

お酒が好きな人の場合、特定の場所でしか購入することができない珍しいお酒を渡したり、お酒と相性が良い高級なおつまみも喜んでもらうことができます。お酒を飲まない人の場合は有名なお店のお菓子や料理を取り寄せることも考えてみましょう。渡す相手の好みを理解したうえで選ぶことが大切なので、好みがわからない場合はあらかじめ尋ねておかなければなりません。

・三つ目におすすめの物は誕生日に発行された新聞

88歳を迎えた人の誕生日に発行された新聞を取り扱う業者では記念日の贈り物として誕生日に発行された新聞を準備してプレゼント用にラッピングしてくれるサービスを行っているケースがあります。

新聞は当時の出来事を記録してくれているので、渡した相手と一緒に当時のことを語り合うきっかけになります。同じ職場で働いていた上司と部下の間でしかわからない話題もあるので、当時の新聞を見ながら会話をして盛り上がってみましょう。

業者によっては誕生日の新聞を準備して発送するのに時間がかかることがあるので、記念日に間に合うように準備をしなければなりません。

・四つ目におすすめの物はファッションアイテム

年齢を重ねても若々しくいるためにおしゃれに気を使っている人が多いです。長年一緒に仕事をしてきた人にしかわからない、こだわりもあるので上司のこだわりや好みを考えながらファッションアイテムを選ぶようにしましょう。

米寿のお祝いには金色の物を渡すという風習があるので、どのような色合いにするか迷ったときは金色の物がおすすめです。

・五つ目のおすすめの物は時計

プレゼントとして選ばれる機会が多い時計は88歳を迎えた記念にも適しています。

上司が仕事をしていた時に身に着けていた時計と同じブランドの物を選ぶようにすると、喜んでもらいやすく記念にもなりやすいです。長年お世話になった上司に感謝の気持ちを伝えつつ、長生きしてほしいという願いを込めて米寿のお祝いにふさわしいプレゼントを選びましょう。

LINEで送る
Pocket