米寿祝いはおめでたい長寿祝いの一つであり、お祝いの気持ちを込めて食事会を計画する方が多いのではないでしょうか。

 

家族や身近な知人などを呼んで食事会をすることで、長寿をみんなでお祝いすることができ、プレゼントを渡したりサプライズをしたりすることでこれまでの感謝の気持ちを伝える場にもなるのです。お孫さんがいる場合には、日本の古き良き伝統を伝える場にもなります。

 

ただ、食事会を行うとなったら、「どういった用意をすればよいのか」「誰が中心となって行うのか」と頭を悩ませる方が少なくありません。

 

この記事では、米寿祝いの食事会を実施する際の流れやお祝いする場所、参加する方への連絡方法などを中心に米寿祝いの食事会の段取りについてご紹介します。

米寿の食事会の流れ

88歳のお祝いの食事会の流れ

米寿は、88歳の長寿を祝う日本の風習のひとつです。「米」という漢字を分解すると「八十八」となることからきています。

 

長寿のお祝いは古く、室町幕府から始まったと言われていますが、そのころは60歳の還暦を迎えることも珍しいという時代ですので、米寿のお祝いはその字にちなんで米をふるまったり、それに関連するものを贈って盛大に開催されたことでしょう。

 

現代の日本では平均寿命もぐんぐん延び、80代になることも珍しくはなくなってきました。しかし、88歳ともなれば日ごろの感謝と健康を祈っても当然です。

 

親戚や親しい人を招いて食事会などをするのがポピュラーなお祝いの方法です。食事会を開くといっても、その規模は様々です。

 

本人の意向や健康状態に合わせて計画を立てるようにしましょう。米寿などの長寿祝いは数え年を用いますので、88歳になる元旦から春ごろまでに食事会を開催するのが本来の時期になります。

 

誕生日などに合わせても問題ありませんが、招待客が多い場合には余裕を持って連絡をするようにしましょう。

 

誰が会を開くというのは時に問題になりますが、子供が主催者となって本人を主賓とし開催するのが一番自然で円滑な方法となるでしょう。

米寿の食事会は自宅でするかお店でするか

 

米寿の食事会を開催するとなったら決めなければいけないのは開催場所です。

 

こじんまりとしたものならば自宅で行うことも可能ですし、まとまった人数ならレストランや宴会場を使っても構いません。

 

参加人数と家族の負担を加味して決めますが、一番重要なのは本人の意向や健康状態です。

 

88歳ともなると、健康状態にも個人差が出てきますので、全く問題なく外出できる場合もあれば、長時間の外出が不可能、持病がある、体が不自由など色々な状況が考えられます。

 

当日の急な不調なども考えられますので、フレシキブルな対応ができるように計画した方がよいでしょう。

 

本人が行きたい場所、食べたい場所を一番に考え、無理のないスケジュールで開催します。老舗の旅館や食事処では長寿祝いのプランやサービスもあるので調べてみるのもよいでしょう。

 

ちゃんちゃんこや頭巾などが用意されていたり、長寿にちなんだメニューなどが選べます。

 

自宅で開催する場合も、好きなものを用意してあげたいですが、全て手作りにしなくても仕出し料理や宅配などを賢く利用すると手軽に豪華なパーティーになります。米寿のお祝いの決まった方法というのはありません。

 

予算やスケジュールなども考えてより良い会になるようにしてください。

米寿祝いパーティー

米寿の食事会に参加する方への連絡方法

 
米寿祝いなどの長寿祝いの際には、家族や親しい知人などが集まってきちんとお祝いしてあげることが望ましいです。
 
 
家族そろってお祝いするためにも、早め早めに米寿祝いの計画を立てて招待する人を確認する必要があります。

 

食事会などに参加してもらうお客様への連絡はどういったものがあるでしょうか。近しい親類や兄弟ならば電話やメールで簡単に伝えてもよいでしょう。

 

子供や孫がメインになることが多いので気軽な会にしたい場合は簡単に済ませても大丈夫ですが、ややかしこまった盛大な会にしたい場合は、きちんと招待状を送りましょう。

 

子供の立場から米寿の親を祝う会を開催するということは、血縁以外の招待客も親の友人、知人ということになり主催者よりも目上の方たちということになります。

 

招待状には米寿の会を開催する旨、参加のお願い、場所や時間などを記載して参加の有無を連絡してもらえるように手配します。

 

レストランなどで開催する場合は予約人数も関係してきますので、早めに人数が分かるように計画的に招待状を発送するようにしましょう。

 

人数が多い場合は手違いや漏れがないように、招待客の管理ができるノートなどを用意しておくと便利です。

 

たくさんの方が来てくれると、本人も家族も嬉しいものですが、決してそれだけがお祝いの方法ではありません。

 

家族だけでも温かく心のこもった会話やふれあいの時間が持てれば、それが一番の思い出とお祝いの気持ちになりますので、それぞれの家族の形を大切にしましょう。

米寿の食事会でのサプライズプレゼント

 

米寿の食事会では、それぞれが心のこもったプレゼントを手渡すという場面もあるかもしれません。サプライズ的な要素を入れてさらに喜んでもらえれば嬉しくなります。

 

プレゼントというと、高価なものや珍しいものを選ぼうとしてしまいがちですが、長寿祝いは子供、孫やひ孫たちが一堂に会して楽しく時間を過ごすことそのものが大きなプレゼントになります。

 

家族の絆や思い出というポイントから考えると、ささやかでも心のこもったものを贈るのがベストな方法ではないでしょうか。

 

例えば、子供たちとの写真やアルバム、似顔絵や歌のプレゼントなども素敵です。お酒好きな方には名入れ酒なども人気があります。名前や感謝のメッセージを入れてサプライズに贈りましょう。

 

お酒だと日本酒以外にも焼酎やワインなどがあります。ワインは生まれ年のヴィンテージなどを奮発するというアイデアも受けています。

 

88歳という年齢は、日本の平均寿命から見ても本当の長寿と言っても過言ではない年齢に差し掛かっています。この長い人生で作り出したものが米寿祝いで集まった家族たちです。

 

それぞれが自覚を持って、これからも長生きしてもらえるように元気で仲良く過ごすことがなによりのプレゼントになることを自覚しましょう。

米寿のプレゼントの定番商品とは?

米寿祝いのプレゼントを渡す際にはお祝いの言葉を忘れずに

88歳のお祝いではお祝いの言葉をきちんと伝えよう

家族が自分のために集まってくれて、プレゼントや食事会を用意してくれているというだけでも十分喜んでもらうことができるでしょう。

 

米寿の方を思って選んだプレゼントを渡す際には、「これからも元気でいてね」「かっこいいおじいちゃんでいてね」などお祝いの言葉とともにこれからの生活を願う言葉を伝えるのがおすすめです。

 

米寿祝いという長寿をお祝いする会では、無事に88歳を迎えたことへのお祝いの言葉や今後の長寿を願う言葉をきちんと伝えることが大切です。

 

言葉にするのが恥ずかしい場合には、名入れグッズを渡したり、手紙やメッセージを渡したりしても良いでしょう。

 

大切な方の米寿祝いの際には、ぜひ心のこもった言葉と一緒にプレゼントを贈りましょう。

米寿祝いに感謝の気持ちを伝えるメッセージ例

LINEで送る
Pocket