日本には60歳の還暦や70歳の古希、77歳の喜寿などの長寿祝いが存在しますが、米寿祝いは何歳のお祝い事かご存知でしょうか。

 

60歳の還暦祝いはよく知られているお祝い事ではありますが、米寿祝いが何歳のお祝いなのか、どのような意味を持つのかあまり知られていません。

 

長寿国の日本では今後長寿をお祝いする機会が多くなると考えられますから、米寿祝いの基礎知識を身につけておいた方が望ましいです。

 

この記事では、米寿祝いの意味やテーマカラー、米寿のお祝い方法などを中心に米寿祝いの基礎知識をご紹介します。

米寿祝いとは?

 

88歳のお祝い

世界の中から見ても最高レベルの長寿国である日本。

 

伝統や形式を重んじることでも独特な文化が発展してきた日本では、長寿のお祝いなども頻繁に執り行われてきました。長寿のお祝いと聞いて真っ先に思い浮かべるのが還暦です。

 

還暦は60歳のお祝いとなっていますが、数え年と満年齢で祝うことがあり、赤いちゃんちゃんこや頭巾をかぶって祝われる最初の長寿祝いとなっています。

 

節目節目で行われる長寿祝いですが、88歳で行われるものが米寿です。

 

60歳の還暦ではまだまだ現役で活躍されている方も多く、長寿などというと年寄り扱いされていると不快に感じることもありがちですが、88歳ともなれば男女ともに平均寿命を超えてきますので、本格的に長寿といっても差し支えありません。

 

お祝いは家族そろって、知人や親せきなどを交えた食事会などを開催することもありますが、高齢の体には負担が大きくなることも考えられるので、体調や状況を見極めて無理のないスケジュールやプランを立てるようにしましょう。

 

プレゼントを贈ることも記念になるので喜ばれます。特に贈るものに決まりはありませんので、個人の趣向を凝らして心を込めた感謝の気持ちやお祝いの気持ちを表しましょう。

米寿祝いの意味とカラー

 
88歳の長寿祝いをなぜ米寿と呼ぶのか気になったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

米寿祝いは88歳を記念して祝うものですが、米という漢字を分解すると八十八となるところからこの字があてられるようになりました。なかなか洒落が利いていて、日本らしい面白い風習と言えます。

 

還暦は十干十二支という組み合わせが60年で一回りすることから60歳を赤ちゃんに返るという意味に結び付け、赤いちゃんちゃんこや頭巾をかぶせるという習わしになっていきました。

 

長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあり、還暦はこの赤を、米寿祝いでは金茶を用いるのが一般的です。

 

米寿祝いに黄色もしくは金茶色、金色が用いられる理由としては、それらの色が稲穂やお米を連想させることからと考えられています。

 

米寿では黄色もしくは金茶色が長寿祝いのテーマカラーとされており、黄色は若さをイメージさせる色でもあるため「これからも若々しくいてね」という意味も含まれています。

米寿祝いの内容

 

お祝いの方法は、金茶色のちゃんちゃんこと頭巾を身に着けて会を催したり、その名前にちなんで米や米にちなんだ贈り物をしてもよいでしょう。

 

最近では、長寿祝いの機会にしか活用できないちゃんちゃんこの代わりとして、黄色のファッションアイテムや小物などの実用品や記念品などを贈る場合も増えています

 

米寿祝いのプレゼントの内容については厳密には決められていませんので、米寿を迎えられる方が喜ぶものを選んでプレゼントしましょう。

 

かつての日本では米寿の家族を祝う方が客人に贈り物をするというのが通例でした。

 

そこで贈られるものは枡の斗掻や火吹竹などで、今ではもう使われることはありませんが、これらの道具は家の中で老人が使っていたものなので、招待客にも長生きのご利益があるようにと贈られていたのかもしれません。

 

現代では招待客が祝いの品や言葉を持参してふるまうのが普通です。どんなものが喜ばれるかは個人差がありますので、趣味や好みを考えてささやかでも心のこもったお祝いになるように心がけましょう。

米寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

 

米寿祝いのお祝い方法

 

どんな米寿祝いのお祝いにしようかと考えるときに、せっかくだから盛大にしたいという気持ちと本人の負担を考えてささやかにしよう、という2通りの結果に行きつくことがあります。

 

現実に世の中の88歳はまだまだなんでもできる、自由にどこでも行ける、という人もいれば健康にも気がかりがあり、体の不自由を感じているという人などに分かれてくる世代です。祝賀会と言えばお酒がつきものですが、本人がお酒を飲めないということも十分に考えられます。

 

移動や長時間の参加が難しいと感じるときは自宅でささやかな食事会を開くというアイデアは決して悪くはありません。本人が望み、十分な体力がある場合は盛大にたくさんの人に祝ってもらうように計画をすれば問題ありません。

 

大切なのは、米寿を迎えることへのお祝いの気持ちと、これまでの感謝の気持ち、敬意などをいかに伝えて表すかということです。好きな食べ物を用意したり、孫やひ孫と記念撮影をする、手紙やメッセージを贈る、など温かい時間と空間を作り出すようにしてみましょう。

 

また、金茶色や黄色のプレゼント選んで贈るのも米寿祝いにふさわしいプレゼントになるのでおすすめです。

 

会に招待されお祝いを包む場合は祝儀袋に包み、表書きには「長寿御祝」「寿福」「祝米寿」としたためます。金額は1万円程度が目安ですが特にきまりはありません。

米寿祝いの食事会を実施する時の段取り

 

米寿祝い以外の主な長寿祝いについて

 

米寿以外の主な長寿祝いは、最初に訪れる60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿などと続きます。還暦はとても有名ですので、赤いちゃんちゃんこや頭巾のイメージもしっかりと持っている人が多いのではないでしょうか。

 

古希は唐の詩人が「人生七十古来稀なり」人生が70年を超えるのは稀なことだ、と読んだことに由来していると言われています。77歳の喜寿では「喜」という漢字を崩し字で書くと「七十七」となることからきています。

 

90歳の卒寿は「卒」という崩し字が「九十」、99歳の白寿は「百」という漢字から「一」を引く、「100引く1は99」というところからきています。言葉遊びや漢字を使ったとんちなど楽しくてほっこりする長寿祝いの数数です。

 

テーマカラーは、還暦は赤、70代のお祝いは紫、80代が金茶、99歳白寿が白、となっています。プレゼントを選ぶ時の参考にするとおしゃれなお祝いになります。

 

長寿祝いは長生きをしたことへの感謝と尊敬の気持ちを表したものですが、お年寄りをイメージさせるものは現在ではあまりよしとされません。いつまでも若々しく元気でいてもらいたいという思いを込めて、少し派手目のおしゃれなプレゼントを選ぶようにしてみましょう。

LINEで送る
Pocket