米寿のお祝い

長寿祝いの一つである米寿のお祝いの際には、家族が一緒になってお祝いするのが一番喜ばれます。

この記事では、米寿祝いの意味や家族みんなでお祝いする際の日取りの決め方、人気のプレゼントについてご紹介します。

■米寿祝いとは

88歳のお祝いの意味

日本には「年祝」といって還暦や古希など、古くから長寿をお祝いする習慣があります。88才の米寿のお祝いもそのひとつです。数え年で88才を迎える年にお祝いをします。

数え年とは生まれた年を1才と考え1月1日の元日にひとつ歳をとる数え方です。つまり、生まれた年を0才と数え誕生日にひとつ歳をとる満年齢に当てはめると米寿は87才で迎えることになります

なので、満年齢87才でお祝いをするのが本来の米寿のお祝いなのですが、最近では満年齢88才でお祝いをするのが一般的になってきています。

米寿の由来は「米」という漢字をバラバラにすると「八十八」と見えることから米寿と言うようになったようです。八という字が末広がりになっていて縁起が良いということから、昔からお祝いされてきました。

■お祝いをする日取りや内容について

88歳のお祝いをするタイミング

お祝いは必ずしも誕生日の日にしないといけないと言うわけではなく、敬老の日や家族全員が揃う日などで構いません。お祝いの仕方もそれぞれですが、家族揃っての旅行をプレゼントしたり会食をしたりします。高齢で外出が難しいという方にはお家でご本人の好きなものやご馳走などを作ってお祝いをするケースも多いようです。

還暦といえば赤いちゃんちゃんこですが米寿にも身に着けるものとその色の決まりがあります。米寿の色は金色、金茶色、黄色です。なので、家族は金色もしくは金茶色、黄色のちゃんちゃんこや座布団、扇子や帽子などを用意してあげましょう。普段身につけるような物でもないので、この機会に家族皆で写真を撮り記念に残しておくのもいいですね。

■米寿祝いに贈りたい定番の贈り物

88歳のお祝いで人気のプレゼント

その他に喜ばれる贈り物をしたいと考える家族の方も多いと思います。では米寿祝いではどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。

定番の贈り物をご紹介します。

・黄色のもの

米寿にちなんで何か黄色の物を贈るのも良いでしょう。例えば、定番のちゃんちゃこ、日常的に使える黄色のストールや座布団などがおすすめです。米寿祝いは人生に一度だけの大切なイベントなので、テーマカラーに合った色のものを贈ることで、思い出に残る誕生日となるでしょう。

・手作りアルバムや寄せ書き

また、一生に一度のお祝いなので記念に残る品をあげても喜ばれます。例えば、家族全員が写った写真を使った手作りのアルバムや寄せ書きなんかは後から何度も見返すこともできますし記念にも残るので喜ばれます。手作りのアルバムや寄せ書きなどは、お孫さんも協力して作りやすいため、お孫さんを含めた家族全員の気持ちが伝わりやすいのもメリットです。

米寿を迎える方としても、お孫さんが作ったとあって喜びも一塩でしょう。

・お花

また、贈り物といえばお花ですよね。おじいちゃんやおばあちゃんが好きなお花をあげたい、米寿なので黄色のお花をあげたいという方も多いでしょう。

ただ、お花は枯れてしまうし高齢のおじいちゃんおばあちゃんには手入れが大変なのではないかと心配ですよね。そんな方におすすめなのは、プリザーブドフラワーやオルゴールとプリザーブドフラワーが一緒になっているものなども最近では人気で種類も豊富です。例えば、時計や写真と一緒になっているものはメッセージを入れることができるため、米寿祝いの記念品として最適です。

■米寿祝いにおすすめの特別感のある贈り物

88歳のお祝いで人気のプレゼント

特別感のあるプレゼントですと、最近では名前を入れてくれるサービスも充実しています。おじいちゃんおばあちゃんお揃いの湯呑みにそれぞれの名前を入れてあげたり、お酒が好きな夫婦ならラベルにお名前を入れたものを渡しても喜ばれるでしょう。

このような名前入りグッズはネットで簡単に注文することができるので便利です。

・ネームインポエム

名前関連だと、ネームインポエムも最近では人気です。

おじいちゃんおばあちゃんの名前の一文字ずつを織り交ぜたポエムを額縁に入れて送るというものです。こちらも、ネットで簡単に注文できますし種類やデザインも豊富でおすすめです。注文をする時に、家族から見たおじいちゃんおばあちゃんがどんな人物かや人柄を伝え、それに合ったポエムを考えてもらうとより喜ばれるでしょう。

・似顔絵

その他にもおじいちゃんおばあちゃんの写真を元に手書きの似顔絵を書いてもらうのもおすすめです。

おじいちゃんおばあちゃんふたりの似顔絵でも喜ばれると思いますが、家族全員でおじいちゃんおばあちゃんを囲むような似顔絵も素敵です。似顔絵でしたら、額縁に入れてプレゼントするとインテリアとしてお家の好きなところに飾ってもらうことができますし、いつでも家族のことを思い出せて近くに感じてもらえる暖かい贈り物になりますね。

LINEで送る
Pocket