米寿祝いの歴史

昔は人の寿命が今よりずっと短かったことは、皆さんもご存じでしょう。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったといいます。

そうした習慣が伝わってきたのが日本の長寿祝いの起こりです。

その後、平均寿命が延びて行くとともに、77歳=喜寿からの長寿祝いが日本で独自に発生。

米寿祝いもその一つです。ただし、その習慣が定着した時期については、実のところはっきりしていません。ただ、70歳の古希祝いが発生したのが室町時代と推定されていますから、それ以降であることは確かでしょう。

米寿祝いの由来

「米寿」の「米」の字を分解してみてください。

軸が「十」、それを2つの「八」が囲む形になっています。

「八」という字は古来、日本では「末広がりで縁起が良い」とされてきました。

同時に、瑞穂(みずみずしく、よく実った稲)の国である日本においては、「米」もまた大切な言葉。

その2つがちょうど一致するのが「88歳=米寿」です。文字としての洒落っ気もさることながら、この縁起の良さ。

米寿祝いは、漢字文化と米を大切に考えてきた日本人ならではの長寿祝いといえるでしょう。

米寿祝いのメッセージ

ご本人が元気溌剌であればよいのですが、体力に自信を無くされている場合などには、形式ばったご挨拶などは時間がかかることもあり、あまりお勧めできません。

できれば、一言メッセージなどを集まっている皆さんから頂戴しましょう。 その際には、難しい言葉など使わず、心からの一言を。一人ひとりが明るく元気よくお祝いの言葉を発するほうが祝われるご本人の気持も浮き立たせることができます。

また、ご本人からメッセージも、ご本人が希望しない限りは無しでもOK。

ありがとうのたった一言でも、その笑顔と喜びは充分に皆さんに伝わることでしょう。

健康への気遣いを忘れずに。

これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。

お孫さんからのメッセージや、仕事関係の方の場合には思い切り若い方からのメッセージを。

ご年配の方にとってはことさらうれしいものです。

米寿祝いの熨斗

米寿を含めた長寿祝いの熨斗にはつねに「紅白、あるいは金銀の蝶結び」の熨斗を使います。

この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにします。

88歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないでしょう。

また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。

※88歳の米寿祝いですから、手に入れられるなら稲穂を1~数本、さりげなく熨斗に挟んでおくというのも粋な演出になります。

LINEで送る
Pocket